Ocean Wave Genration (using element wave makers) 造波技術

船舶や海洋構造物が遭遇する海洋波浪場を水槽内に再現する造波技術を提供いたします。設計条件を考慮して、各種水槽試験に必要な波浪場を再現します。船舶の実海域性能評価や、海洋構造物の係留試験、海洋土木関連の安全性評価試験などに適用できます。

造波技術

アメーバ水槽を用いた造波例

写真は大阪大学のAMOEBA水槽で、50機の分割型吸収式造波機からなる円形水槽です。
共同研究で本水槽に文字や紋様を造波したときの写真です。
弊社の造波技術を用いることにより、水槽内の任意場所に任意のタイミングで様々な波形の波を造波できます。

AMOEBA水槽 仕様

水槽の寸法 直径1.6m、水深0.25m
造波機 プランジャー式 幅10cm 50機
アクチュエータ ボイスコイルモータ

文字描画造波の開発

昭島研究所は、アメーバ水槽の
①規則波の完全波吸収を行える点
②壁面が造波機で囲まれている点
という特徴を生かして、大阪大学殿と共同で文字や絵の描ける造波方法を開発しました。
造波は、文字の凹凸を次式のDini展開法により円筒波の重ね合わせに展開して行っています。
(文字を造波するための指令信号は、1文字10分の計算で作成できます。)

関連資料

Generation of Extreme Wave Composed of Ring Waves in a Circular Basin

Lineup

お問い合わせContact Us

PAGE TOP