Berthing Support System 入港支援システム(BSS)

入港支援システム(BSS:Berthing Support System)は、GPS(全世界的測位システム:Global Positioning System)を用いて、LNG 船やタンカー等の危険物運搬船や各種船舶を対象に、入出港及び離着桟時の船体運動をリアルタイムにモニタリングする事によって、入出港離着桟時の操船を支援するとともに船舶の運航管理を目指したシステムです。なお、GPSとして、MTSAT(運輸多目的衛星:Multi-functional Transport Satellite)から配信されているSBAS(静止衛星型補強システム:satellite-based augmentation system)を使用します。

入港支援システム(BSS)

背景

国土交通省を中核として、船舶の知能化や陸上支援体制の高度化及び情報ネットワーク整備を実現するため、海のITS(Intelligent Transport System:高度情報通信技術を活用した海上交通のインテリジェント化)に関する技術開発が推進され、その中でも離着桟支援システムの必要性が提唱されています。

特徴

● GPSとインマルサット衛星の受信可能海域で10センチメートルオーダーの高精度測位ができます。
● 画面には鳥瞰図による自船位置だけでなく、推奨航路、避険線及び船体停止目標を表示します。
● 入出港離着桟時の船位をリアルタイムに監視する事によって、操船支援情報を提供します。
● 離着桟時の接岸速度や係船時の船体運動をリアルタイムに監視することができます。
● 基地との通信によって、船上と陸上で同じ情報を監視及び管理するこができます。
● 船載型及び小型軽量可搬型による対象船への持ち込みが可能です。

構成

船上(移動局)の機器構成 GPS受信装置
方位検出装置
船内無線LAN装置
船陸間通信装置
リアルタイムモニタリング装置
陸上の機器構成 リアルタイムモニタリング装置
海気象情報収集装置
船陸間通信装置
入港支援システム(BSS)

このページはPDFでもご覧いただけます。

Lineup

お問い合わせContact Us

PAGE TOP